■クレジットカード審査に落ちるブラックになる理由

クレジットカードの審査落ち理由はいくつもありますが、大きな理由となるのがブラックです。
ブラックになると、クレジットカードの審査に落ちやすくなります。
もうクレジットカードの発行はあきらめるべき!と言われることもあります。
ブラックはクレジットカード会社には、非常に嫌われているようです。
そもそもブラックとはどんな状態を指すのでしょうか。

ブラックリストというものがあり、ここに掲載されるとクレジットカード審査に落ちると思われています。
しかしブラックリストというものは、どこにも存在していません。

ブラックとは、個人信用情報に金融事故の記録がある人のことです。
個人信用情報とは基本的な個人情報が記録されています。
名前、住所、生年月日などのほか、勤務先なども掲載されています。
そして金融商品の利用状況が記録されています。
クレジットカード、ローンなどの申込、契約、利用、支払い、解約などが、すべて記録されているのです。
この情報緒を個人信用情報機関というところが保管しており、クレジットカード会社などは必要に応じ閲覧できるようになっています。

ブラックになる金融事故

・2か月以上の延滞
・3か月連続の延滞
・任意整理・個人再生
・自己破産
・多重申込
・強制解約

個人信用情報に以上のような記録があると、ブラックとなります。
クレジットカード会社としては避けたい会員でありますので、審査に落ちるのは当然と言えるでしょう。

また個人信用情報に金融事故がなくても、ブラックとなっている場合があります。
クレジットカード会社の社内ブラックとなっているケースです。

個人信用情報の金融事故は、一定の期間が経過すると消える仕組みです。
クレジットカード会社が合併などをした場合でも、社内ブラックの情報は引き継がれるのだそうです。
クレジットカード会社名が変わったので、社内ブラックから解放される!ということでもないのです。
一度ブラックになるようなことをしてしまったクレジットカード会社では、クレジットカードの新規発行は難しいでしょう。

ブラックにならないためには、金融事故を起こさないことしかありません。
クレジットカードは計画的に使うようにしましょう。
支払いができないほど使ってしまうと、延滞を起こしてしまいます。
最終的には債務整理や自己破産をしないとならなくなります。
ブラック街道まっしぐらですね。
支払いができるだけを使う、これがクレジットカードの使い方の基本です。

■ブラック明けでもクレジットカード審査に落ちやすい

金融事故を起こしてしまい、個人信用情報に記載されるとブラックとなります。
ブラックはクレジットカード審査に落ちやすくなりますので、「やっちゃった!」という感じですね。
ただ一度ブラックになると、一生ブラックのまま…ではありません。
個人信用情報の金融事故情報は、一定の期間が経過すると自動的に消えます。

・延滞や滞納…5年
・任意整理…最低3年~5年
・民事再生…7年~10年
・自己破産…7年~10年
・多重申込…6ヶ月

個人信用情報に金融事故情報が掲載される期間は、以上のようになります。
ブラック情報が消えると、個人信用情報上ではブラックではなくなります。
クレジットカードの審査に通過できる確率は高くなるでしょう。

ここで注意をしたいのは、延滞や滞納を起こしてから5年で情報が消える…ということではありません。
延滞や滞納を解消してから、5年間ということになります。
延滞や滞納が現在進行形だと、ずっとブラックであるということです。
延滞や滞納を起こしたら、まずは完済することを考えましょう。

ただブラック情報がなくなったから、すぐにクレジットカードを発行できる!と浮かれるのはまだ早いでしょう。
ブラックの間はクレジットカードを使っていないわけですから、個人信用情報に記録がない状態になります。
自己破産ですと記録がすべてクリアされ、真っ白になります。
10年間真っ白だと、クレジットカード会社は不審に思ってしまいます。
ブラック情報はないけれど個人信用情報が真っ白だと、ブラック明けであると判断されてしまうのです。
ブラックになるような人にクレジットカードは発行したくないと思われますので、審査には落ちてしまうでしょう。
ブラックでなくなったのに、ブラック出会ったことが予想されてしまうわけですね。
クレジットカードの審査は、一筋縄ではいかず難しいものです…。

場合によっては現金主義で個人信用情報がまっさらでも、ブラックであったと判断されることもあります。
特に30代で個人信用情報に全く記録がない人は要注意です。
20代ならまだわかるけれど、30代でクレジットカードを使ったことがないなんてあり得ない!となるためです。
本当は違うのにブラック扱いになるのは心外ですが、クレジットカードの審査は悪い方の可能性を採用して行われます。
30代以上で現金主義だった人も、ブラック明けの人同様、クレジットカードの審査には落ちやすい…となってしまうので気を付けてください。

■ブラックを解除すればクレジットカードを発行できる?

ブラックになるとクレジットカード審査に通りにくくなります。
それならブラックを解除してもらえばよいのでは?と考える人もいるようです。

・クレジットカード会社に依頼する
延滞や滞納を起こしたクレジットカード会社に対して、ブラック情報を削除してもらえないか?と依頼するケースはあると言います。
しかしそんなことをしても、ブラック情報が消えることはありません。
「何を無茶なこと言ってるんだ?!」となりますし、あまりしつこく依頼をすると「面倒くさい会員」として社内ブラックになる可能性もあります。
延滞や滞納を起こしている時点で社内ブラックであるとは考えられるのですが、さらにやっかいな社内ブラックのリストに入ってしまうかもしれません。
クレジットカード会社に依頼をしても、ブラックは解除できませんのであきらめましょう。

・個人信用情報機関に依頼をする
ブラック情報が掲載されている個人信用情報機関に、ブラック情報を削除して欲しいと依頼するケースです。
個人陣容情報機関は、個人の依頼に「はいそうですか」と応じることはありません。
「お金を支払うので」と言っても、断られるのは目に見えています。
個人信用情報機関に依頼をしても、ブラックから抜け出すことはできません。

・ブラックを解除してくれるところに依頼する
ダイレクトメールや街中に貼られているチラシなどに、「ブラック情報を解除する方法がある」との広告を出している場合があります。
ブラックにとっては、興味がある内容でしょう。
「これでクレジットカードが作れる!」と、飛びついてしまう人もいるかもしれません。
ただこれは利用するのは危険です。
ブラック情報を消すためには手数料がかかるなどと、金銭を要求してきます。
支払いをしてもどんどん手数料を上乗せされ、最終的には連絡が付かなくなる…のがオチです。
「ブラックでも融資をします」といった悪質な闇金に名簿を渡され、良いカモにされる危険性もあります。
騙されて終了となるだけですので、うまい話には乗らないようにしましょう。

ブラックを解除する方法は、今のところないと言えます。
ブラック情報の掲載期間が過ぎるのを、待つしかないでしょう。
クレジットカードが作れなくて困る!と思うかもしれませんが、元はと言えば遅延や滞納を起こしブラックになってしまった自分が悪いのです。
クレジットカードを作れないのは、ブラックとなった自分への戒めと思っておくと良いでしょう。

■ブラックかを確認してクレジットカードに申込みをする

延滞や滞納をしたような気がするけれど、いつだったかよく覚えていない。
何度チャレンジしても、クレジットカードの審査に落ちてしまう。
こういった場合は、自分がブラックなのかを確認してみると良いでしょう。

ブラックの情報は、個人信用情報機関で管理をされています。
個人信用情報機関に開示請求をすれば、自分の情報を確認することができます。
ただここで問題となるのが、個人信用情報機関が1つではないことです。
CIC、JICC、全国銀行信用情報センターと3つがあり、どこで情報を開示したら良いの?となってしまうでしょう。

一番良いのは3つすべての情報を開示することです。
しかし開示請求は、無料でできるわけではありません。
500円~1,000円程度の費用がかかってしまいますので、3つ開示すると3,000円程度が必要となってしまいます。

クレジットカードでのブラック情報を確認したいなら、CICを開示すると良いでしょう。
ほとんどのクレジットカード会社が加盟しているのが、CICだからです。
もし消費者金融などキャッシングでブラックになったかもしれない…というときは、JICCを開示するのがおすすめです。
消費者金融のほとんどが加盟しているのがJICCとなっています。

・個人信用情報の開示方法

CICではインターネット、郵送、窓口での開示方法があります。
おすすめなのはインターネット開示。
毎日8時~21時45分まで、曜日関係なく利用ができます。
ただ開示にかかる手数料1,000円は、クレジットカードのみでの支払い方法になるのが難点かもしれません。
ブラックでクレジットカードが発行できない…という人は、支払いができないためです。

その場合は郵送か窓口開示を利用するしかありません。
郵送開示は定額小為替証書1,000円で、開示をすることができます。
郵送となりますので申込から開示できるまで10日ほど日数がかかってしまいます。

窓口まで出向ける場合は、窓口開示でも良いでしょう。
手数料が500円と、インターネットや郵送開示の半額でブラックかを確認することができます。
ただ平日のみ10時から16時までの利用となりますので、普段仕事をしている人は利用しにくいかもしれません。

自分の個人信用情報の返済状況に「異動」とあると、ブラックということになります。
ここから約5年間は、クレジットカードの審査に通りにくいとなってしまうでしょう。
もしブラック情報がなければ、クレジットカード審査に落ちるのは別の要因があることになります。

■ブラックは絶対クレジットカード審査に落ちる?

ブラックになると、クレジットカードは発行できないとされています。
しかしブラックでも、発行できるクレジットカードは存在しているようです。
クレジットカードの口コミなどを見ると、「ブラックでもクレジットカードの審査に通った!」というケースは少なくはないようです。
ネット上の情報は虚偽も含まれていますのですべて鵜呑みにするのは危険ではありますが、ブラックでも審査落ちしないクレジットカードはゼロではないと言えるでしょう。

・アメリカンエクスプレスカード
外資系のクレジットカード会社は、審査が特徴的と言われています。
日本のクレジットカード会社は、ブラックの情報があればそこで審査落ち決定です。
しかしアメックスは、ブラック情報があっても現在の返済能力があるかの判断をします。
過去にブラックとなっていても現在に問題がないとすると、クレジットカードを発行することがあるのです。

ただアメックスは、審査が甘いクレジットカードではありません。
一般カードとなるグリーンカードでも、ゴールドカード並の機能を持ち合わせています。
カンタンに誰でも入手できるクレジットカードではなく、むしろ審査は厳しいクレジットカードです。
審査落ちする可能性も高いと思っておきましょう。
富裕層のブラック向けクレジットカードです。

・消費者金融系クレジットカード
日本で発行されているクレジットカードで、審査が甘いとされているのが消費者金融系のクレジットカードであるACマスターカードです。
ブラックでも発行されたという口コミがちらほらあります。
柔軟な審査を行っており、ブラックでも審査に通過することがあるということです。
少しでも返済できる可能性があるなら、発行しておこうというクレジットカードなのでしょう。
利用限度額は最低に設定されるようですが、利用限度額はのちに引き上げることも可能です。
クレジットカードが発行されるだけでも、ブラックにとってはありがたいのではないでしょうか。

ブラックでも発行できる可能性があるクレジットカードはありますが、現在もブラックという場合はアウトです。
クレジットカードが発行されるのはあくまでも個人信用情報にブラックの情報はあるけれど、現在は解消している人のみとなります。
さらにブラックを解消してから、数年は経過している方が望ましいでしょう。
現在も滞納や延滞中…というブラックは、クレジットカードの新規発行はあきらめるしかありません。